TOPおやじ ≫ 20180604オムツ・サポーター

20180604オムツ・サポーター

ペルさん この秋で13歳



まだまだ大丈夫だけど、いずれ介護生活です


先代のラブで大変だったので『何か対策を・・・』と、思っていましたが

現状は何も問題ないので、ついつい・・・ 無策 (^_^;)



パンパース(スーパービッグ)がちょうど良いので、排尿については
生理の時も含めてこれで良いかな?・・・とは思っていたのですが

犬友達のブログで


“パンツタイプは足が弱っていると

足を入れるのに苦労します” 
という記事!

寝たきり状態を想定してパンパースをはかしたら、メッチャやりにくい!


成程ねぇ~ 納得!


と言う事で、父ちゃん考えてみました

※ 色々試行錯誤したよ~


完成形

20180604 (12)

寝っ転がったらこんな感じ

20180604 (14)

これは装着した直後なので、実際に動いてると
ベルト(マジックテープ)が尻尾側にずれてきます


外れる事は無かった ですが、後で修正するか
“ずれ”を見込んで取り付ける方が良いです


取付場所を変えた例です

20180604 (15)

オムツのウエスト部分が広いので自由に変えられます

クランプした所がビリビリに破れるのでは?と思っていましたが大丈夫! 
結構丈夫です(流石!人間用)



材料です (ダイソーで見つけました)

20180604 (1)

Ω型の金具は取ります

クランプが大きかったり、尖ってたりしたら痛い!ので
色々探してて、これを見つけましたよ


20180604 (2)


後は、2液のエポキシ接着剤と木工用ボンド

これだけ~



作り方です
エポキシ接着剤をたっぷり塗ってマジックテープで挟みます

20180604 (3)

固まるまで位置を保持 (反ったりしない様に)

20180604 (4)

クランプの操作性を考えると
エポキシの部分はしっかりしてた方が良いので
エポキシの板を作るつもり!で良いと思います

20180604 (5)


固まってから、次の工程として

その上にクランプを接着します

20180604 (6)


マジックテープには犬の毛が絡まって汚くなるので
使わない部分は木工ボンドで埋めてしまいます

20180604 (7)

これは塗った所 
(時間が経てば柔軟性があって透明になります)


完成です (木工ボンドは乾き中)

20180604 (8)


使い方

パンパースの腰のつなぎ目を外して(引き裂いて)サポーターを取り付けます

※表裏を混乱しやすいので注意です

20180604 (9)


腰にマジックテープを固定してから

20180604 (10)

尻尾を通し、クランプします

20180604 (11)

クランプする位置はパンパースのサイズや体形で変わるので
試行錯誤が必要です


※再記 ベルトは動いていると装着しやすい場所から下がってきます
    その分を見込んでクランプすると良いです



エマちんは生理中だったので、昼間は普通のパンパースを使い
“脱いでしまう” ので夜だけこれにしました

20180604 (13)


現在はエマと入れ替わりにペルがヒート中なので
今の所、重宝しています



関連記事
スポンサーサイト

Comment

No title
編集
オムツ問題悩ましいですね~
駒子は抗生剤の影響で大量のしっこをするので結局大きなオムツも使ってます
寝たきりになったらゴロゴロ転がして替えてやるかな
赤ちゃん用安くていいよね
2018年06月11日(Mon) 14:47
No title
編集
そうですね、欲しいものは出来るだけ食べさせてやりたいけど
多飲多尿が心配です
お蔭様で・・・(笑)
寝たきり状態でオシメを交換する目処がつきました
夜も外れる事が無いのでヒートでも安心です
2018年06月11日(Mon) 16:49












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

ラブ&ペル_リン

Author:ラブ&ペル_リン
兵庫県でラブ3匹と暮らしています。